FC2ブログ
| Main | All | Next

稲葉さんと2回目のご飯 その4。
そんなこんなでしたが、とりあえずその後はご飯を食べつつ
仕事の話をしたり、最近見てるテレビの話をしたり。
仕事終わりは何をしてるかなんて話しながら滞りなく談笑しておりました。

相変わらず、稲葉さんはお酒がお好きなようで楽しそうに酔ってらっしゃいます。
時間は9時半を回ったころ。

いたお「私、家まで遠いので少し早いですがそろそろお開きにしましょうか~?
    今日は遅くなり過ぎないって約束しましたからね(キリッ)
    ちょっとお手洗いに行ってきますね~。」

と、席を立ちました。
んで、戻ってきました。

稲葉さん「おかえりなさい~~。(2センチくらい残っていたグラスを手に持ちつつ)」

いたお「(グラスを見て)丁度いいですね~。それ飲んじゃってください^^」

稲葉さん「あー、そうですね~(にこにこ)」

店員さん「お待たせしました~~。ハイボールのお客様?♪」

いたお「・・・・?」

稲葉さん「はいはいー、どうもどうも。」

いたお「…え?頼んだんですか?笑」

稲葉さん「だって、店員さんにどうしても飲めって脅されたんだよ~~(完全なる酔っ払い)」

ちょっ、おまっ、こっから更に1杯頼んだのかYO!!!!!!

いたお「もーーー。完全なる酔っ払いじゃないですかー。
    じゃぁ、それサクサクッと飲んでくださいよ~~」

そんなわけで。結局解散は10時過ぎ。

むしろ、10時半。

いたおは帰り道乗り継ぎ悪いと1時間半かかるので結構なお時間になってしまいました。

帰り際、完全なるほろ酔い気分の稲葉さんに

「いたおさん、ガンバレ!!俺いたおさんの応援団長だよ!!」

とすっごい励まされました。

あーー、きっと普通に職場とか友達で出会ってたら
友達とか同志として良いお付き合いができた人なんだろうなぁーって思いました。

でも、婚活で出会っちゃうとそういうわけにはいかないですよね…。

難しいなぁ、婚活。


いたおなう。ブライダルネットさん。



スポンサーサイト



稲葉さん。 | comment 4 | Top ↑
稲葉さんと2回目のご飯 その3。
うーん。

普通じゃないって、難しいなぁ…。

いたおは、結構相手に気を遣うタイプで相手の顔色を気にしたりします。
ただ、その反面、はたから見てもよく顔に出るとかわかりやすいって言われます。

そんないたおさんは、何が普通なんだろう、と考えつつ。

この問いかけに対して、

・そんなことないよー、テヘペロ☆って、取り繕った方がいいのか
・うん、テニスしない人って無理だと思うー、テヘペロ☆って、突き放した方がいいのか
・まぁ、テニスばっかりして干物女子化しつつあります、テヘペロ☆って、笑いにした方がいいのか

自分の身の振り方を考えてしまいました。

そして、出した答え。

とりあえず、無理して嘘ついてもしょうがないと、今の現状報告。

いたお「うーん、テニスをしていたら横のつながりが増えて色々な知り合いが増えちゃったんですよね~。
     それで、彼氏もいないしやることもないし…週末テニス漬けやテニス仲間と遊ぶことが多いんです。」

稲葉さん「うんうん、それはわかるよー。でもさ、多分俺はテニスはしない。
     そうすると、週末一緒に過ごしたりデートしたりしたいと思ったときに
     いたおさんは多分今の状況じゃテニスを優先にするんじゃないかな?と思ってさー。」

……ふぁっ!!

稲葉さん、いたおとお付き合いして週末一緒に過ごしたりデートしたりしたいって…

そんなことを考えていらっしゃるのですね!!(衝撃)

っていうか、そらそうだ。婚活だわ。衝撃を受けてる場合じゃない。

稲葉さん「俺にもあなたにもバックグラウンドがあって今婚活してるのもわかってるし、
     それに対してどうこう言うつもりはないけど、これからを考えた時に
     今のままじゃ多分うまくいかないと思うんだよね。」

いたお「・・・うーん、そうですよねー。もちろん、仰ることはわかります。」

と、返事をしながら。

あぁ、この人はちゃんといたおと付き合う、結婚したらどうなる?
ということを考えてらっしゃるんだなぁと思いました。

でも、2回目のご飯で急にテニスの話題からそんな風に言われるとは思っておらず。

正直、今のタイミングで
稲葉さんのためならテニスなんか二の次ですよ!
なんて言うほど興味も沸いてないし。
だからといって、
なんで、2回食事しただけのあなたになぜ土日の過ごし方を口出しされなきゃならないの?
というのもなんか違うと思うし。

いたおの考えはぐるぐるぐるぐるしちゃって、
せめて、稲葉さんにもう少し興味が沸いた頃にその話振られてたら考えも違ったかもしれない。
婚活って難しいんだなぁ…って、目の前のビールグラスを見つめるのでした。


いたおなう。ブライダルネットさん。




いたお頑張るのでぽちっとお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村




稲葉さん。 | comment 2 | Top ↑
稲葉さんと2回目のご飯 その2。
今日寒かったですねー。
外でテニスをしていた時にホットの缶コーヒーを買ったら、
そのタイミングで友達に声をかけられ飲むころにはぬるいコーヒーになっていて
少し切なかったいたおです…。こんばんは。
温度はその時しか味わえない…1つ学びました。

はてさて。
稲葉さんとのご飯 その2。

お店についてまずは飲み物とご飯をオーダー。
いたおは、お酒強くないのでよくわからないのですが色々なビールがあるお店でした。
とりあえず、乾杯してお互いの近日を報告。

お仕事忙しいですかー?
とか、最近何してるんですかー?みたいな。

そして、

最近テニスはどうなんですか~?と聞かれる。

ので、頑張ってますよー!と答える。

どれくらいやってるの?楽しい?とかテニストーク質問攻め。
因みに稲葉さんはテニスはやらない方なのですが、そんなに聞いてくれるなら!と思って

カクカクシカジカー。こういうことがあって、こういうのが楽しかったです!!

みたいにいたお一生懸命説明する。

へえ~、そうなんだ!ほうほうー。みたいににこにこしながら聞いてくれる稲葉氏。

そして、一通り説明し終わった後に稲葉氏から出た一言。

「あのさ、ギャンブルにはまるとか借金作るような趣味じゃないし
 体動かすことは良いことだし、良いと思うんだけどさ…

そのテニスに対するプライオリティどうにかならない?」


・・・・・・・・??はて。

プ、プライオリティ?(※優先順位)

急な横文字ちょっと困っちゃったYO!

いや、稲葉さんからたくさん質問してくれたから一生懸命話しちゃったけど、
いたおのテニス熱が溢れてることに対して若干…引き気味…??

「仕事ならわかるけど、これから選手になるとかじゃないしさ…
 ちょっとやっぱり…話聞いてるとちょっと普通じゃないと思うんだよね^^;」

……う、うーん。
いたお、結構衝撃を受けてましたが、
この一言、今思うと普通に凹みますね(笑)

稲葉氏がたくさん質問してくれたからつい楽しく喋ってしまったが
それって罠だったの!?
こいつのテニスLOVE度はどんなもんか?と試されていたのか!?

普通じゃない、と

言われてしまうと。

次に返す言葉が出てこなくて、少し考えてしまいました。


いたおなう。ブライダルネットさん。




いたお頑張るのでぽちっとお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村




稲葉さん。 | comment 2 | Top ↑
稲葉さんと2回目のご飯 その1。
最近寒暖の差が激しすぎてたまに服装失敗するいたおです。こんばんは。
寒い中駅のホームで待っているときに色々と心が折れそうになりますよね…。

はてさて、そんなわけで先日稲葉さんと二回目のご飯に行ってきました。
お誘い頂き、1週間後にお約束して。

因みにお約束する際に多分変に断るよりいいだろうなーと思って
下記のようなやりとりがありました。

いたお「お誘いありがとうございます~。
  とても楽しかったのですが、初対面で家に誘われたので正直警戒してます(笑)」
稲葉さん「わー、いたおさんに警戒されてますね。
     でも、自分も楽しかったのでまたお誘いしました~。」
いたお「ありがとうございますー。では、今度は遅くならないようにしませんか?」
稲葉さん「良いですよ、次の日も仕事大変ですもんね~」

みたいな。
でも、いたおとしてはこういうやりとり結構楽で嫌いじゃない。
なので、今一度お会いしてみることにした次第です。

稲葉さんのホーム寄りでの待ち合わせでしたので、お店選びはお願いしました。
いたお、いっつも思うのですが人とご飯を食べに行く時ってすごい悩むんですよね~。
相手の人がなに好きだろう?選んだお店ご飯美味しいかな?雰囲気いいかな?
みたいな。
そう思うと、相手にお店を探して予約をさせる、という労力をかけさせてしまうので
この日はリポDとウコンを差し入れとして買っていきました。

2回目だし、久しぶりだしわかるかなー?と思いつつ。
稲葉さんとはさっくり合流できました。

「お久しぶりです~。今日はお仕事大丈夫だったんですかー?」とかなんとかお話ししつつ。
お店に向かい。
「お店選びとか色々とお任せしっぱなしですみません、
すごいお酒お好きなようなので差し入れです~」と、ウコンをお渡ししました。

そしたら、「おぉ、ウコン飲むと全然違うんだよね!!ありがと~^^」と言って
ウコンをその場で飲みだす稲葉氏。

う、うん。そういう男っぽいの割と嫌いじゃないぜ☆

そんな感じで稲葉さんとの2回目の面談?が始まったのでした。
いたおなう。ブライダルネットさん。




いたお頑張るのでぽちっとお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村




稲葉さん。 | comment 2 | Top ↑
初面接 稲葉さん その4。
そんなわけで、稲葉さんとお話が続きつつ10時といういいお時間に。
もうたくさんお話ししたし、ちょっといたおも疲れてきたので、
そろそろ、お開きかしら?と思ったところ、もう1杯だけ飲みたいとリクエストが。

微妙だなー、どうしようかなー。
でも、お話ししてて楽しいし、相手も楽しんでくれているのか…うーん。

悩みつつ、じゃぁ、サクっと1杯飲んで帰りましょう、ということに。

まぁ、年上だし営業さんという場数を踏んでらっしゃる方なので、
色々仕事の相談とか、人生相談とか全く面接っぽくない普通の飲み状態(笑)。

ここまでは、いたおもそれなりに楽しかったです。

が、しかし。

いたお「あー、でも、そろそろ微妙な時間なので終電だけ調べますね~~^^」

稲葉さん「大丈夫大丈夫~~~。」

と言いつつ、もにょもにょ紙に絵を描き始める。

はて??

その紙をのぞき込むと、部屋の間取り図。

稲「えーっとねー、ここが玄関でー、ここがベッドねー。
  でーー、階段があって、ここが風呂。」

い「ほうほう、へー。一人暮らしなのに2階があるんですか!(とりあえず、見守る)」

稲「そうそうー。
  大丈夫、俺んち2階建てだからーー。こっから2駅だし。」

い「…。え?何が大丈夫なんですか?」

稲「うん、終電なくても泊めてあげられるから大丈夫、俺ソファで寝るし。」


・・・・・・・・・・・・・・・。

稲葉よ…

お前もか。(参照:婚活失敗談。


あーーーーーーーー、もーーーーーーーーーーーー。

20そこそこの夢見がちでちょっとオイタしちゃうかも☆
(いや、実際いたおは真面目だったのでそんなことありませんでしたが)

みたいな頃ならまだしも、

30になって

婚活して

初対面で相手の家に泊まりに行くわけないでしょう。

コノヤロウ。

い「あははー、何言ってんですか、帰りますよ(目が笑っていなかったと思う)」

稲「えーー、そうなの?何もしないよ~、ただもうちょっと一緒にいたいって思ったんだよね…。」

い「ありがとうございますー、でもいい年ですし
  初対面で異性の家に泊まるほど常識外れてないので(笑)」

と、いうことで。
終電ぎりぎりで解散。

4時間睡眠で次の日仕事に行ったよ、コノヤロウ。


稲葉さんにはお礼のご連絡はしましたが、正直ちょっと無理かな~…。

すごい人間力あって良い方だったのに、

結局それかよ・・・みたいな。

むーーーーん。

自分が頭硬くて高望みしてしまっているのでしょうか…。

せっかくの初面接だったのに、もんもんとしちゃうよ…。

むーーーーーーーーーーーーん。
いたおなう。ブライダルネットさん。



稲葉さん。 | comment 2 | Top ↑
| Main | All | Next