FC2ブログ
| Main | All |

谷さん その5。
寒暖の差が激しいと風邪ひきやすいですよね…ちょっと風邪気味いたおです。こんばんは。

はてさて、そんなこんなで食事後、
お互い特に連絡することもなく久々に仕事で顔を合わせることに。
久々に会った谷さんは、特に何も変化がなく。
お互い打ち合わせしたり作業したりたんたんと仕事をこなす。
もちろん、他にも人はいるのでそんなに2人の接点はないしな。

うーーーん。

いたおの気にしすぎでした☆

谷さんは、本当に話題のグルメに行きたかっただけなのだと。
そして、いたおも特に谷さんとどうこうなりたいって思ってないんだなぁと思った次第です。
谷さんは良い人だけど、多分お互いなんとなくそういう対象ではないのかなー
むしろ、だから、飲みに誘われたのかなぁ…と。

この年になるとどういう基準で相手を求めるのか悩みますよね。
好きとか嫌いとかときめきとかよくわからんっす…
だって、好きでも許せないことはやっぱりあったりするし。
もう期待して傷つきたくないし、相手を傷つけたくもないし。
そんなことをうだうだ考えてしまいます。

いたおは元々石橋をたたきまくって渡れないタイプなのに、更に腰が重くなっている…。
最近、婚活をさぼり気味でしたが再度婚活市場に羽ばたくか…悩む日々。

と、言いつつ。

そんなさなか。

親がお見合い話?を持ってきました。






いたおなう。ブライダルネットさん。



スポンサーサイト



谷さん。 | comment 1 | Top ↑
谷さん その4。
帰り道、谷さんとは同じ方向なので、一緒に電車に乗る。
いたおは、人と電車に乗るのがあまり好きではありません。

どうでもいいことなんですが、ポジション取りとか気にします。
しかも、平日夜ということもありそこそこの込み具合。
無言も変だけど、話をしてても
周りの人にもつつぬけだしなんだかなーって思っちゃう性質です。

谷さんと近い距離で小声でこそこそ話します。

谷さん「いたおさん、結構背大きいですねー」
いたお「160ちょいあるので、ヒール履くと170くらいになりますよ~。」
谷「じゃぁ、ヒール履いたらそんなに差なくなっちゃいますね」
い「谷さん身長おいくつですか?」
谷「175くらいです~」

そうなのか。
外で見るともう少し背が高そうに見えていたので、
素直にそう伝えてみる。

い「もう少しありそうに見えますね~、すらっとしてるからですかね?」
谷「いやー、態度がでかいからじゃないですか?笑」
い「あー、なるほど。そういうことかー笑」
谷「そこ納得するのかよ笑」

からのー。

おでこ、つんっ

ってされた。

おでこ、ちょんって感じか?

不意打ちすぎて。

ちょっとてんぱった。

ちょ、満員電車でこういう不意打ちなのやめてほしい!!!www

傍から見たらちょっといちゃついてるように見えるし、
周り近いし会話筒抜けだからそこまで仲良くないのにいちゃついてるみたいな、
なんかムズムズするやつやんけ!!!!

とっさにおでこ抑えながら、
「とりあえず納得してみました笑。」
とか答えてみた。

そんなんしてたら、谷さんが下りる駅に到着。

お礼を述べ、別れる。

ふぅー、びっくりした。


帰宅して、無事に帰ったこと&お礼LINEを送る。
話しした中でいたおが行くといった地元の飲み屋さんにも今度行きましょうと、お誘いされた。

とりあえず、どういう意図かわからないし、いたおもどうしていいかわからず、
いいですね、仕事終わりに皆で行っても楽しそうですね!
と返しておいた。

平日夜に人と会って少し元気がもらえた気がしました。






いたおなう。ブライダルネットさん。



谷さん。 | comment 0 | Top ↑
谷さん その3。
今週寒かったですね。
寒いともこもこ雪だるま状態で通勤する冷え性いたおです、こんばんは。
さて、谷さん その3。

谷さんは、定時で切り上げてダッシュで来てくれたそう。

いたお:「今日も寒いですね~、思ったより早かったんですね、急がせてしまいました?
     お疲れ様です!」

そんな感じでご挨拶。

お互い来たかったお店なので、メニューを見ながらワクテカ。
各々気になる品とお店のメインを頼み注文。

飲み物がきて乾杯~。

お仕事を一緒にしている時の谷さんは、そんなに饒舌なタイプではないけれど
こうやってお店で飲むと割と饒舌で色々話してくれます。

ただ、喋り方というか会話が…結構自分の世界を持ってる人?
オタク気質…なのか?なんだろう…自己完結型っていうのかなぁ?
一歩間違えたらおねぇ系っていうか…フェミニストっぽい?
うーーーん。あぁ、なんて伝えたらいいのかわからない…。

とりあえず、なかなかいたおの周りにはいないタイプ。
すぐに恋愛に結び付けるのもどうかと思いつつ…うーん、あんまり得意ではないかも…。

でも、行きたかったお店で評判通りご飯も美味しいし、
仕事のツテで知り合ったけれど、お互いはフィールドが全然違う業種なので
結構質問したり会話も盛り上がり一安心。

特筆することもなく無事に会食終了。

そして、お会計。

谷さん「同い年だから、奢りませんから~~笑。」
いたお「あはは、仕事の上下関係もないしもちろんですよー。」
谷さん「じゃぁ、僕が多く飲んでるんで端数は出します。
    いたおさんは、3000円でお願いしますね。」

あー、こういうナチュラルなのめっちゃ楽。
いたおは、対等に扱ってもらうのが好きなのでとても良い。

谷さん「僕、ケチなんですよねー。
    だから、ここ来るときも一駅分チャリに乗れば電車賃やすくなるんで
    めっちゃチャリこいできました笑。」

おぉう。ケチとな。ケチトークは望むところです。
そんなわけでケチトークを繰り広げながらお店を出ました。

谷さんとは帰り道が同じ方向なのでそのまま帰ることに。






いたおなう。ブライダルネットさん。



谷さん。 | comment 4 | Top ↑
谷さん その2。
今日は珍しく何も予定がなく、掃除しておやつを作り昼寝をするという1日を過ごしてました。
割と予定は詰め込むタイプなのですが、最近仕事や対人関係とか色々疲れ気味だったので
こういう日も大事だなーとつくづく感じた冬の土曜日。

はてさて、そんなわけで谷さんと食事に行くことになりました。
誘われたのは、年末。
が、谷さんがお店に確認してくれたところ最短でも1月中旬じゃないと
予約が取れないとのことが発覚。

うーん、本当に人気店だなぁ。

そう思いながら2人で日にちを合わせて。予約をとってもらいました。
ラインでやりとりしてて、すぐに返事が来て予約完了。
谷さんのこの辺の仕事の早さは、ありがたい限りです。

そして、お食事の当日まで2度ほどお仕事でお会いしましたが
ご飯に行く話は全くでず、お互いたんたんと打ち合わせをこなす。
うーん。周りの仲間にご飯に行くなんて話すことでもないが、なんか不思議な感覚。

こそばゆいような…なんていうか…共通の秘密を持ってるみたいな。
でも、本当にこの人いたおのこと食事に誘った人か?くらいのナチュラルさ。
というか、興味のなさ?なんだろう、この感じ。

そんなもやもやを抱きつつ、当日。
平日の夜、お店集合で待ち合わせをしました。
待ち合わせ5分前に

「お店に着いたので、先に入ってますね。急がないでいいですよ」

とのご連絡がありました。うーん、必要最低限の連絡は結構マメな方のようです。
とりあえず、いたおも仕事を切り上げ時間ぴったりにお店に到着。

お店についたら、カウンターに座る谷さんがすぐに気づいてくれて
いたおに片手をあげました。
いたおも笑顔で手を振り返して。
仕事ともプライベートともつかないこの食事会で
何を話そうと頭の中で会話の引き出しをがさごそしながら、谷さんの隣に座りました。



いたおなう。ブライダルネットさん。



谷さん。 | comment 0 | Top ↑
谷さん その1。
年明けお仕事が忙しいと正月休みのまったり具合が恋しくなります。
おやつ食べながらうだうだしてたあの数日…恋しいぜ…。
年末は断捨離!と思って部屋の中のいらないものを捨てました。
お部屋がきれいで運気が上がったのでしょうか。

去年11月に友人の仕事を手伝ったつてで谷さんと知り合いました。
年齢は同い年。普通の好青年風な子です。

1~2回ほどお会いして、いたおの職場付近に気になる飲み屋さんがあるそう。
その時は、
「あー、結構話題ですよね~~。
 私も1回予約とろうとして満席でとれなかったんすー。」
みたいな会話をしておりました。

そしたら、12月に。

谷さん:「いたおさん、先日お話ししてた○○その後行けました~?」
いたお:「いやー、行ってないです~。相変わらず人気っぽいですよ!」
谷さん:「俺も気になるんで予約とれる日確認するんで、予定合わせて行きませんか?」

とのお誘いが。

谷さんは彼女がいなかったはず…。どういう誘いだ??
単純に、気になる飲み屋さんに行きたいだけなのか?

いたお、緊急脳内会議ですよ。

今後も会う可能性がある相手がわざわざ予定を合わせるとまで言ってる誘いを無下に
断るのも難しい…というか、仕事につながる可能性もある。
でも、今のところ、いたおは異性として見ていない相手。
仕事(お手伝いだけど)がらみでめんどくさいことになりたくない。
うーん…行くべきか。どうするべきか。

ちょっと悩んだ末、
ここで、変に女子として誘われてる!?なんて、意識して断るのも変か~~。

という結論に至り、OKの返事をすることにしました。









いたおなう。ブライダルネットさん。



谷さん。 | comment 3 | Top ↑
村田君 その2。
年明けぼちぼち仕事してます。何も変わらぬ日常。
寒くなると婚活パーティーに夜出かけるのがおっくうでちょっとお休みしてます。

年始新年のあいさつLINEがぼちぼちありました。
そんな中、村田君からも。

「今年もよろしくお願いします。テニスもまたやりましょう」

的な絵文字1つない村田君らしいLINEが。
律儀な子やな~~と、思いながら返信したところ。

「いたおさん、今度遊びに行きませんか?」

・・・・。
はて。

これはおデートの誘い!?

「○○したいから、一緒に行こう!」とか「気になるお店があるから、ご飯行こう!」
とかではなく、ざっくりとしたお誘い。
ただ、村田君が引っ越しをしたため、いたおの家との距離は約2時間くらい。
しかも、テニスしかしたことない相手と遊ぶ場所も目的もなく予定を合わせるのは危険すぎる…。
そう思ったいたおは探りを入れることに。

いたお:「テニスじゃなくて、遊びにですか~?どこか行きたい場所ありますか?」
村田君:「特にないです。」
いたお:(まじか!)「じゃぁ、やりたいこととか食べたいものとかありますか?」
村田君:「いえ…なんとなくぶらぶらできればいいかなぁって思ってまして。」


・・・・・・・・えっと。

ちょっと待って、村田君よ。

デート(なのか?)に誘っておきながら、
相手にデートプランをプレゼンさせるという無謀な誘い?
もしや、これはおねーさんの立場であるいたおのプレゼン力を試しているのか!?

いたお:「なるほど…なかなか難しいですね…、何かしたいことがあれば良いんですが…
     今月だと○日くらいしか空いてないんです…」
村田君:「そうですか…その日は、仕事なんです。わかりました、お互い頑張りましょう」

ふぁっ!!
お互い頑張りましょうってどういうこと!?

デートの誘い、終わったってこと!??ww

とりあえず、お互い頑張ろうと励まし合って終了…。
朴訥で不器用な村田君の性格が表れているLINEでした…。

村田君よ…嫌いじゃないし、もしかしたら、今後恋愛に発展できる相手かもしらん。
だが、しかし、その誘い方じゃいたおもどうしていいかわからないYO!!!

とりあえず、引き伸ばして誘うほどいたおもバイタリティがなかったので深追いはやめました。
でも、いたおは遊びに誘うのってすごい勇気いるからそれはありがたいなぁ、と思いました。

とりあえず、何も進展してませんが今年初めて男の子に誘われました。
それは、少し嬉しかったです。



いたおなう。ブライダルネットさん。



村田君。 | comment 2 | Top ↑
村田君 その1。
こんばんは、2017年も暖かかったり寒かったり。
12月末から風邪が長引いてます、いたおです。

はてさて、実はブライダルネットをプラチナ会員をやめてただいま休息中です。
再開するには、もう少し心のゆとりができてからがいいかと思っております。

さてさて、いたおは趣味のテニスのおかげで色々な方とお知り合いになる機会が多いです。
多分、本当に会社と家の往復!という方に比べれば数倍の出会い率があるはずです。
そして、そんないたお年末に27歳の村田君(仮)と知り合いました。
なんていうか、静かな男の子です。見た目はおっさんのようですが。年下でした(ちょっとショック)
そして、本当に何しゃべってるか聞き取りにくいくらい静かな男の子です。

いたおはテニスをしてる時、わいわいしてわちゃわちゃしゃべったりするのが好きです。
というか、ついわちゃわちゃ一人しゃべりが多い人種です。
そんないたおと村田君が一緒にテニスをすると
だいたいいたおが一人でしゃべっているパターンに陥ります。
テニスをしていると、知らない人同士でもポイント間に
手と手でぱちんってタッチしたりしてお互い励まし合ったりもします。

そんなある日。村田君と一緒に3回目のテニス。
いたおのテニスがどうしても調子悪い日。そんな日もあります。

いたお:「あーー、違うー。こういうのじゃない!ミスしてすみません~~。」

相変わらず一人しゃべりしてるいたお。
それに対して、最初は「大丈夫です」みたいにぼそぼそ(失礼)返してくれていた村田君。

そんなポイントが何ポイントか続いて、凹むいたお。

そしたら、いたおに村田君が近寄ってきて

村田君:「大丈夫です、自分が(ポイントを)取ります。」

と言いながら。

ぎゅって、手を握る。

軽いハイタッチみたいなのではなく、

握る。

なんと!

なんだ、村田君!!


君はいつからそんな男前キャラになったんだ!?(ちょっとおねーさん動揺)

いやー、なんていうか。

ときめきとかじゃなく動揺だったよね。

この動揺をときめきなのかなんなのか。どう処理していいかわからず。

とりあえず、

「あーーー、ほんとすみません!!うっす、頑張ります、次はとります!!」

と、超熱血漢で返しました。

そんな女子力皆無の冬の日。

晴れたテニスコートの上でした。


こうさー、異性としてみる瞬間ってみんなどんなタイミングなんでしょう。
村田君はつい、私を励まそうとして手を取ってくれましたが、
これって異性として見られているのか…?何を思って手を握ったのか?

年下はあまり得意ではないので、対象外ではありますが少し深読みしてしまいました。
まぁ、意識しすぎずテニスは楽しもうと思ってます。





村田君。 | comment 2 | Top ↑
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
12月は全く更新せずすみませんでした…仕事が忙しいうえに色々とありまして…
まずは、今年もマイペースに頑張りますので、よろしくお願いします。

さてさて、現状報告というか更新が滞った件についてご説明を…
もちろん、仕事が忙しいのも1つあったのですが。
1番の問題は身バレの恐れでして…。
知り合いが、最近婚活ブログ見たりするのが趣味だと言っており。

そのため、怖くてブログが更新できませんでした…さすがに、身バレはしたくない。
コワイコワイ。すみませんでした。

いたおの婚活の進捗状況ですが。

全く何も進んでおりません。

ネタ的なことは少しばかりありましたが、それでも何も進展しておりません。

そんなわけで、心機一転2017年頑張りたいと思います。
皆さま、気ままに更新していきますので今年もよろしくお願いします。



日々の戯言。 | comment 2 | Top ↑
| Main | All |