FC2ブログ
| Main | All |

初めてのお宅訪問。
本日もお暑うございました。
仕事中煮詰まってアイスが無性に食べたくなって
アイス!アイス!!
と、脳内で全いたおが沸いておりました。

脳内アイスコールいたおです。

それでも、22時以降のアイスは我慢です。
本日のBGMは、Aimer「Kataomoi」。はぁー。甘いぜ。


はてさて。そんなわけで、ささぽん宅初訪問。

当日は、手土産にスウィーツを携え。
悩みながらスカートなんか履いちゃって。

お宅にあがるんだから、素足はNGよね!
靴下、穴空いてない!おけ!
髪の毛!化粧!気合い入れ過ぎない!!

そんなわけで、出発前からそわそわするいたお。
通常30しかない女子力を70くらいまで引き上げ。

がたんごとん。と、電車で向かっていたら震える携帯。


ささぽん「いたおちゃん、ごめん…何時に着く?
     ちょっと家掃除しててw」

なんと!!まさかの片づかないやつかwww

いたお「待ち合わせ時間には着くよー。別に散らかってても気にしないけど、
    食材買い出しにいきながら時間つぶしてるからいいよ~^^」

ささぽん「わかった!そんなにかからないと思う!
     スーパー寄ってて~。合流するよ!」

そんなやりとりをしながら、焦って掃除してるささぽんを想像して

ちょっと笑った。


そして、そんな自分がこそばゆくて、ちょっと恥ずかしくなった。


スーパーについて、買い物かごを下げてぷらぷら歩いてたら、

ささぽん「スーパー着いた!どこ~?」

いたお「肉らへん~」

そんなやりとりが

付き合ってるカップルっぽくて

やっぱりこそばゆい。

そして、ああ。付き合ってるんだ。

って、思った。

ささぽん「あ、いたおちゃんいた~。暑い中待たせてごめんねー。
     カゴ持つよ~。」


無事にささぽんと合流して、買い物を済ませて

ささぽん宅へ向かうのでした。

そわそわいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



スポンサーサイト



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑
いたお的一大イベントが決定。
週末台風。
平日に台風直撃も困りますが、週末は週末で困ります。
なにしようなにしようと思いながら、
多分こういう日は昼寝をするんだろうな。

たまのフリーオフデイ。
ちょっとそわそわしてるいたおです。

はてさて、ささぽんといたお。
まずは、3ヶ月。
と、定義してお付き合いを続けることになりました。

だからって、すぐに関係が変化するでもなく。

マイペースにラインをしておりましたが。



ついに、ささぽん家にご招待されることに。



なにその急展開。



きっかけは、いたおのご飯LINEから。




いたお「この間友達とポークダッカルビしたー!
            本当はチキンなんだけど、豚肉でやったw」

と、最高に全く映えを無視した画像を送ったところ

ささぽん「なにこれ!美味しそう!!
              俺、こんなの食べたことない。
              今度一緒に作ろうー。食べたいなー(^ ^) 」


と、急にくいついたささぽん。


やばい、もっと映える画像撮れば良かった。

女子力のなさに内心焦るいたお。

いたお「簡単に作れるよー。
            機会があればいつでも作ってあげるよ(o^^o)」
(↑彼氏を家に誘って断られた傷が癒えておらず
      自分からは誘えないいたお)

気軽にそんなLINEをしてみたら。

ささぽん「今度うちでやろうー。
                来週の土日どっちか来ない?」





…え?





なに?


このナチュラルな誘い。





なにこのナチュラル過ぎるお誘い!!






いたお、びっくり。

びっくりしすぎて、三度見くらいしたよね。





超ドキドキしてたけど。

とりあえず平静を装って、普通に返してみた。

いたお「日曜日なら大丈夫だよー。
            そしたら、ダッカルビ作ろうか(o^^o)」


なにもなく。ナチュラルに。

そう。ナチュラルに。





送信!!





五分後くらいに携帯震える。





ささぽん「わかった!
               じゃぁ、日曜日12時過ぎに駅で待ち合わせねー。」






マジか。


マジですか。


そんなわけで。

ささぽん家への初ご招待と

いたおの料理力を試される

一大イベントが決定したのです。

にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 2 | Top ↑
仕事とか。ちょっとした戯言。
今日も超暑いですねーーーー。
40度オーバーですって、奥様。
会社に着くと汗だくだくで女子力皆無になりつつあるいたおです。

さらさらシート神。

でも、その神のお力を借りてさえ止まらぬ汗。

うーーーむ。世の中の女子力高い人はどうやって対処してるのかしら。

そんなわけで、こんばんはいたおです。

久々に通常営業の登場です。ハイ。
最近、ささぽんとのあれやこれやを書いちゃってたから
なんだか通常営業がこそばゆいですね。

そもそも、このブログは婚活ネタを記して

ぷっ、このアラサー婚活でネタばっかり拾ってきてるじゃん。

どんだけ~~~(IK〇O様風)

ってな感じでせめて皆様に笑ってもらっていたおの
婚活モチベを上げようと思って始めました。

だから、最近趣旨からどんどん逸れていってる気がしてブログを更新することに
ちょっともやもやしてます。

いたおの葛藤やらなにやらを記して良いのかしら。
もっと過去の婚活ネタとか掘り起こしてきた方が良いのかしら。

何かご意見あれば頂けたら嬉しいです。


はてさて。

そんな最近のいたおですが、相変わらず仕事は忙殺の極みですが
日ごろ頑張っている分、仕事でちょっと偉くなりました。
偉くなるために仕事をしているわけではないが、頑張っていることに対して
評価してもらえるのは純粋にモチベーションが上がります。

最近、思うことは恋愛も仕事もそうだけど、
自分の見えている世界と他人から見えている世界はイコールではないということ。
自分が当たり前だって思ったり、今〇〇だから××した方がいいなーって
思ったことって大概相手は気づいてなかったりする。

そして、それを正論で伝えても、相手は面白くなかったりしちゃう。

例えば、
「宿題やりたくないなー、やらなきゃなー、めんどくさいなー。
 …うーん、よし、あと30分したら宿題やろう。」
って、思ってる子供に、お母さんが
「あんた早く宿題やりなさいよ!」
って言ったら、子供は
「今やろうと思ってたのに!うるさいなー。もうやりたくなくなった!」
ってなっちゃうやつ。

今やろうと思ってたのに病。

伝わるかな?わかりにくいか…。

正論って相手に逃げ場がないから、
言葉を選んで上手く伝えなくちゃ相手は動いてくれない。
少しの逃げ道を作ってあげる。

仕事は特にそうだけど、目的を達成するためには
仕事仲間や部下をどう動かすのが最短なのか?どういう角度で物事を見てもらいたいか?
言わなくていいことを飲み込んで、半分くらい嘘でも目的のために
上手く場を回さなきゃいけない。

そういう意味では、いたお正論で攻めちゃう派だから
こういうのって結構すり減るんだよなー。

と、最近四苦八苦しています。


そして、こういうすり減っていく精神を本当はプライベートで癒してほしいところなんですが。

相変わらず、ささぽんにはあまりこういう話ができなくて。
距離があるのかないのか。うーん…やっぱりあるんだろうなって感じです。

でも、職種も違うし立場も違うしあんまり仕事の話はしない方が良いのかなーとか。

色々考えちゃうよね。

はぁ、今日は長々なんでもない戯言を綴ってしまいました。

失礼。

次回より、「お付き合い継続!いたおとささぽんの3ヶ月!」と題して
少しずつ記していきたいと思います。






ちょっと偉くなったいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



日々の戯言。 | comment 2 | Top ↑
伝えること。
結局。

ささぽん「あと3ヶ月付き合ってから考えてほしい。」

いたお「一旦、友達に戻りたい。」


という、両者の話し合いの結果。


「お付き合い」を継続することになった。


回らない頭で考えたけど、

・いたおもため込んでちゃんと言うことを言ってなかった。
・ささぽんはそもそも器用なタイプではない。
・そして、いたおの結構嫌な部分を見せたのに許容してくれた。

その3点を踏まえて、いたおにも落ち度はあった。
そして、それでも、いたおのことを好きと言ってくれる
ささぽんの気持ちに少し感動した。
「好き」って初めて言われた時少し照れた。

いたお「わかった。私も悪いところたくさんあったし、
    3ヶ月、とりあえずよろしくお願いします。」

ささぽん「うん。こちらこそ~。
     俺ももっといたおちゃんと会う時間作るようにする。」

いたお「本当に一回友達に戻った方がよいと思って、
    ささぽんに別れたいって言ったけど。
    結果、今日、こうやって話ができてよかった。
    多分、思い切って言わなかったらそのままずっと溜めてた。」

うん。とりあえず、伝えるって大事だと思った。

このままささぽんとうまく付き合っていけるのかわからないけど、
ちゃんと伝えなかったからダメなんだ。

自分の「当たり前」が相手には当たり前じゃないかもしれない。

だから、1つずつ言葉にして伝えなきゃいけないんだ。そう思った。


とりあえず、和解?をして、お店を出た。

居酒屋さんから2人で歩く駅までの道。

これから何か我々のお付き合いの形が変わるのかな?
デートするのかな?ささぽんとの普通のデートって何するんだろう?

そんなことを考えながらぼーっと歩いた。

ささぽん「ボーっとして大丈夫?今日結構飲んでなかった?ちゃんと気を付けて帰ってね。」

いたお「うん、空気に耐えられなくて結構飲んだねw大丈夫。ありがと~~。」

うん。こういうとこ、優しい。

けど、不器用なんだな。

駅について、へらっと笑って。

いたお「今日はありがとう!お互いまた仕事頑張ろうね~。」

ささぽん「うん、また連絡するよー。」


手を振った。



そんなわけで、

いたお。オーバーサーティー。

お付き合い継続です。





不器用なささぽんといたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑
3ヶ月。
とりあえず、言いたいことを言って

ささぽんの次の言葉を待つ。

多分実際1分も間がなかったんだろうけど、すごく長く感じた。


あーーー。


多分、こういうマシンガントークとかきっと嫌われるやつだー。

もう、野となれ山となれ!って思いつつ、
嫌な女だなーってなんだか自分で凹んだ。

ささぽん「いや。あのね、色々俺の言い方とか態度が悪かったんだなーって思って。
     本当は、告白するときも「付き合ってみませんか?」じゃなくて
     ちゃんと「好き」って言わなきゃいけなかったのに、帰り道だし上手く言えなくて。」

お、おおう。

そこの反省からか。

ささぽん「で、そんなことを思い出したりして、
     いたおちゃんからのLINEきてからすごく考えたんだけど。



     もっかいチャンスもらえない?



     あと3ヶ月つきあってみて考えてほしい。」




え・・・。

まだまだ続く予想外の展開。

いたお「3ヶ月??」

ささぽん「うん。いたおちゃん、あんまり思ってること言ってくれないから
     ちゃんと気になることとかあるんなら言ってほしいんだよね。
    今回のことだって、今日初めて聞いたし。
    いたおちゃんって、多分すごく頭いいよね。
    だから、本当はいろんなことを考えてるんだと思うんだよね。
    で、俺馬鹿だからそういうの察せてないんだと思う。」


こんだけ今までため込んで

結構めっためたに言ったのに。

そう歩み寄ってくれるささぽんがすごく、意外だった。


正直、いたおちゃんってこんな子だったんだ…

無理wwwってなると思った。

そして、あぁ。

多分、本当にほとんど女の子と付き合ったことがないから

すごく不器用なんだろうなって納得した。


そんなささぽんに対して、うまく言葉を伝えて

一緒に付き合っていけるのだろうか。


今、答えを出さなきゃいけないのだろうか。


あぁ、今、なんて言うべきなのか。


ぐるぐるぐるぐる。考えて。

考えなきゃいけないのに。

頭が働かない。


あーー。もう。

アルコールなんか飲まなきゃよかった。





野となれ山となれ!!ないたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑
開き直る。
この予想外過ぎる現実に、

どう向き合えばよいのか。

すこしの沈黙の間に脳内フル回転で考える。

いたおは、ささぽんとの関係を一回クリアにしてちょっとお休みがほしかった。


コンビニで虚しくて悲しくて泣きそうになった時の気持ち。

今ちゃんと言わなきゃ、今後どうするにしても何も解決されない。


そう思ったから、口を開いた。


いたお「そんな風に思ってくれてたんだ~。
    それは、嬉しい。ありがとう。
    でも、テニス観戦行ったとき、お昼ごはん別に食べたじゃん?

    あの時、なんかすごく悲しかったんだよね~。」

そう言ってへらっと笑ってみた。

重い空気になりたくなかったからできるだけ重くならないように。

柔らかく。言葉をつづけた。

いたお「私は、せっかく一緒に出掛けてるんだからご飯一緒に食べたかったんだよね…。
    うちらデートみたいに出かけるの珍しいじゃん?wだから、結構楽しみにしてたの。」

ささぽん「それは…ごめんね。自分でもよくなかったと思ったんだよね。
     実は、あの辺で美味しいお店知ってたから、
     いたおちゃんと一緒にそのお店に食べに行きたいなって思ってたんだけど。
     試合の内容面白かったから、ご飯より観てたいって思っちゃったんだよね…。」



・・・・・・・・・・。



「なんだその後だし!!!www
 言えよwwそんな話今更出されても遅すぎるよ!!!!
 っていうか、良い大人なんだからちゃんと言葉にしてよ!!!w」




という。

心の声を駄々洩れにしたら大変なことになってしまうのでw

言いたいことは一度胸にしまって。


いたお「えw何それwそんなの言ってくれないとわからないじゃん!
    私、一緒に出掛けてまさかご飯を断られるなんて思ってなかったから、
    ささぽんが何考えてるのかわかんないし結構つらかったんだよ…。
    それに今だから言うけどさ…。あの日、一緒に食べようと思ってクッキー作ったんだけど、
    言えなくなっちゃって結局作ったクッキー一人で食べたよねw」


言うた。


いたおの自虐トーク言うたった。

帰って可愛くラッピングしたクッキーを一人でもそもそ食べた卑しいいたおの話

ささぽんに聞かせたったよ。

ささぽん「え…クッキー作ってきてくれてたの?
     言ってよー!!なにそれ、食べたかったよー!!」



おい、こら。

お前。


昼飯別行動してテニスのことしか、考えてなくて言える雰囲気じゃなかっただろがwwww


はい、いたおこの辺でさくっと何かが切れました。

それまで、年上だし大人な対応で言わなかったり

オブラートに柔らかく伝えていたけども。



もう諦めました。



いたお「いや、お昼ご飯断られて、あの空気感で「クッキー作って来たのー☆」とか
    言って手作りクッキー出すほどハート強くないよ、私ww

    そもそもさ、私も割と予定入れちゃうタイプだから、お互い様なんだけど、
    2人して自分の予定優先で隙間時間で歩み寄りがないし、
    うちでご飯食べない~?って誘っても断られたし、
    たまにご飯たべにいくくらいでどうやって仲良くなればいいかわかんないよねw
    付き合おうって言ってもらえてうれしかったけど、
    別に会いたいとか思わないでしょ?w我々w」


言うた。

言うたったよ。


今までささぽんに対してこんな口調でしゃべったことはなかったけど。

今日はいったん白紙に戻すつもりで戦いに来てるんだから、

思ってること言っちゃえばいいじゃんって

開き直っちゃったよね。


どうだ!!このいたおのマシンガントーク!! 

あとは野となれ山となれ!!




野となれ山となれ!!ないたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑
思い込みと現実の違い。
「色々考えたんだけど。」

の次の言葉を言わなきゃ。

今、いたおはささぽんと別れて友達になると決めている。

ちゃんと伝わるように説明しなきゃ。

「私たちってお互い、好きなことしてる時間が多くてあんまり予定合わせられないし、
 合わせようとしてないと思うんだよね。もちろん、私もよくないんだけどさ。
 けど、それでお互い一緒にいたい、とか会いたいとか思わないんなら「付き合う」って定義づけ
 しなくても良いんじゃないかな?と、思った次第です…。」

とりあえず思っていた第一段階を言えた。
ささぽんの顔を見ると、少し難しそうな顔をしている。

ささぽん「えっと、まずは、謝る。ごめんね。
    この間のLINEの後少し考えてさ。勝手に自分で予定入れたりして
    あんまり時間作ろうとしてなかったから、それは僕が悪かった。ごめんね。」

なんか、しおらしく謝られた。

いたお「いや、そこはお互い様だからさー。私もささぽんが予定入れてるから
   自分も予定入れちゃっていいやってなってたし…。それは私もごめんね。
   けど、本当に好きだったら、私とも遊ぼうよ、会いたいよって
   ちゃんと言うんじゃないかな?って考えちゃって。
   2人して、一緒にいる2人の時間より自分の時間を優先してる時点で、

   付き合うとか以前に、

   お互いに「好き」ではないと思ったんだよね。

   だから、普通にテニス仲間でいいんじゃないか?ってなって。」




あ。




いたお、今、結構攻めの発言してる。

自分の口から出てくる言葉を聞きながら、自分に驚いた。




ささぽん、どーするだろう。




気まずくはなりたくない、けど、もういたおの心は決めてるの。






そしたら。


ささぽんの口から




「そんなことはないよ。俺はいたおちゃんのこと好きだよ。
 付き合う前も仕事がすごい忙しいときにLINEで励ましてくれて
 嬉しかったし。結構支えられてました。だから、別れようと思わないよ。」




え。




なんという。





予想外の言葉。




というより。


ささぽん、今、なんて言った?



好きって言ったよね?



初めて。

ささぽんに。

サラリと「好き」って言われました。


そう、我々カップルは付き合うと定義してから約3ヶ月。

手もつながない。

好きとも言わない。

ただ一緒にご飯食べて、一緒にいるだけ。



この、別れ話という局面で初めてささぽんに好きと言われました。


いたお。
お昼ご飯別行動事件の後は、
付き合ってる感全くない二人の関係の結果、

「ささぽんも年齢的な焦りで引くに引けずにいたおと付き合うって言ったんだろ」

くらいにしか思ってなかったから。


・別れ話を拒否される
・好きと言われる


という、予想外の展開に脳内フル回転です。


プチパニックいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑
決戦は日曜日。
というわけで。
ささぽんと決戦の日曜日です。

決戦前に今日のいたおの主張をまとめてみた。

今現在、付き合ってるというより友達感覚が濃厚。
お互い、「すごく好き」という感情がないのなら、
無理して「お付き合い」という定義にはめずに普通に友達ではいいのではないか?
婚活で出会うとだいたい3回くらいがめどなのかもしれないけど、
今の状態は二人ともなんとなく無理して「付き合う」という定義にはめている気がする。

ささぽんのことは嫌いじゃない。

けど、「今後付き合って結婚」まで考えた時に共通の趣味(テニス)がなかったら
多分お互いよいと思わなかったし、多分付き合わなかったのではないか?と思っていること。


よし。

まとめた!大丈夫!言える!

というわけで、決戦の日です。



待ち合わせ場所に現れたささぽん。

ささぽん「いたおちゃん、お疲れ様~。待った?」

いたお、「お疲れ様~~。ちょい前に着いたくらいだよー。」

そう言って、歩き始める。
今日はささぽんのフィールドだったからささぽんがお店を予約してくれた。

珍しく個室の居酒屋さん。

込み入った話になることを予想してか、

こういうとこ、個室を選ぶ当たり抜かりないというか、素晴らしいというか。

けど、逆にこういう気遣いができるのに

何故

お昼ご飯事件(参照:あねさん!お昼ご飯別行動事件です!)が起きるのかがいたおは謎です…。

そんなわけで居酒屋さんでお互いビールを頼み。

いつものように飲み始める。

ささぽん・いたお「お疲れ様~~。かんぱーい」

さて、この場合、乾杯で良いのか?

謎。

常に自分ツッコミを入れながら

この日もたわいもない会話を繰り広げる。

多分、お互い話さなきゃいけないことはわかってる。

けど、どのタイミングで話し始めればよいのかわかんない…。

時計を見るといつの間にかもう九時近い。

嗚呼。

そろそろ核心に切り込まねば。

そう、いたおが焦っていたら

ささぽんが切り込んできた。

ささぽん「そろそろ遅くなってきたし、
     今日は、この間の話を聞こうと思ったんだけど。
     急にLINEきてびっくりしたよー。今日はちゃんと話しよ?」


そう言っていたおのことを見るささぽん。


いたお「えーっとね。」


ちゃんと話さねば。

「色々考えたんだけど。」

まとめたことを話さねば。

そう口を開けようとして、ささぽんの顔を見返すと

申し訳なさそうな複雑そうな顔で、何から喋っていいのかよくわからなくなった。



大事なことが言えないいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑
電話に出なかった結果。
震える携帯をベッドの上に置いたまま右往左往してたら

呼び出しが止まった。


はぁ。


びっくりした。


かけなおした方が良いのかな?


ささぽんがまさか電話かけてくるなんて
思ってもなかったよ。

そんなことを思っていたら、ささぽんからLINEが届いた。

読むかどうか携帯に手を伸ばして。

でも、既読をつけると返事をしなきゃいけない気がして。


とりあえず。

23時も回っていることだし。


寝落ちしたことにしちゃえ。


って、思って。


この日は、既読を付けずに寝た。


翌朝、なんとなくやっぱ目が覚めちゃって。


明け方、ベッドの中でLINEを読んでみた。


「お疲れ様ー。今帰宅しました~。
 そして、いたおちゃん、どうしたの?びっくりしたよ~。
 とりあえず、会って話がしたいです。
 今週末土日どっちか夜会えない?」

みたいな文章だった。

送られてきたのは23時過ぎ。


ふーーーー。


軽く深呼吸。

23時過ぎに仕事から帰ってきて、いきなりいたおから
友達宣言されて、慌てるささぽんを想像してちょっと胸が痛んだ。

そして、

ささぽんはいたおと付き合っていきたいって思っている

という事実に少し驚いた。

正直、ささぽんからいたおのことを好きという気持ちがあんまり感じられなかったから。

「おはよ~。
 昨日は寝落ちしちゃってた…ごめんよー。
 お仕事、遅くまでお疲れ様!なんか色々もやもや考えちゃってさ~。
 LINEで話す内容じゃないかと思ったんだけど…日曜日の夜なら大丈夫だよー。
 ごはん行こうかー^^」

きまずくなりたくないと思って、余力を残しつつお返事をした。

そんなわけで、ささぽんと胸の内を話し合う場が設けられました。



決戦前のいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑
友達に戻らない?
あーーー。最近暑い。暑すぎる。
そして、会社は冷房ガンガン寒すぎる。

夏に適応できる自信がないいたおです。こんばんは。

また、しばらく更新が途絶えて失礼しました。

ささぽんとのその後はと言いますと。
相変わらず、何もなかったように連絡をとったりしてました。

そして、遊びに行く予定を組もうにもまだ微妙にすれ違い生活。

予定を合わせて何かするにしてもテニス関係。

LINEの内容も日常の報告会のような感じ。

いたお、考えに考えました。

そして、気づきました。


私とささぽんって普通に友達関係だって。


だって、たわいない会話して、飲みに行って一緒にテニスして、みたいな。


テニス観戦は行ったけど、ほかにデートとかしたことないし。

好きとかかわいいとかかっこいいとか言い合わないし。

手もつながないしw

そううだうだ言うなら、自分からアクションするべきなんだろうけど、

家飯誘って断られた(参照:うちでご飯食べない?)らもう絞り出す勇気ないよね。


そんなわけで、仕事で疲れたとある夜。


いたお、別れ話をLINEで送ってしまいました。

別れ話LINEで言うってどーなの?って思うんだけど、
ささぽんと会う予定がなかなか立たなかったので、ここは致し方なしだったんです。

「今日もお疲れ様~~。
 (日常のたわいない報告~中略~)
 私ちょっと考えたんだけど。
 ささぽんと一緒にテニスしたりするのは楽しいんだけど、
 お互い好きとかそういう感じじゃないし、結局テニス仲間なのかなぁ…って最近思うんだよね。
 から、1回普通の友達に戻らない?その方が気楽に付き合えるんじゃないかなーって思って!」

みたいな文章。

作ってみた。

10分くらい悩んだけど、とりあえず。


送信!!!!!!


はぁー。


ここ数ヶ月ささぽんとの付き合い方に一喜一憂しながら
うだうだ悩んでたから、これで一回そういう悩みから解放される…。
 

ささぽんもお互いの状況を見て、納得してくれるだろう。


そう思って、寝支度をしていたら。


23時過ぎ。


震えだす携帯。


あれ?LINE…じゃない?


え、着信!?


まさかの


ささぽんから初めての着信。

うちら電話とかしたことなかったのに、急に電話って何!?


どーいうこと!?


いたおの予想では、そうだよねー。仕方ないよねって返答がくると思ってたのに、

急に予想外の着信という展開にうろたえちゃうよね。


震える携帯を目の前に、急に怖くなって電話に出れないいたおなのです。






クッキー食べて太ったいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。



佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑
| Main | All |