FC2ブログ
| Main | All |

決戦は日曜日。
というわけで。
ささぽんと決戦の日曜日です。

決戦前に今日のいたおの主張をまとめてみた。

今現在、付き合ってるというより友達感覚が濃厚。
お互い、「すごく好き」という感情がないのなら、
無理して「お付き合い」という定義にはめずに普通に友達ではいいのではないか?
婚活で出会うとだいたい3回くらいがめどなのかもしれないけど、
今の状態は二人ともなんとなく無理して「付き合う」という定義にはめている気がする。

ささぽんのことは嫌いじゃない。

けど、「今後付き合って結婚」まで考えた時に共通の趣味(テニス)がなかったら
多分お互いよいと思わなかったし、多分付き合わなかったのではないか?と思っていること。


よし。

まとめた!大丈夫!言える!

というわけで、決戦の日です。



待ち合わせ場所に現れたささぽん。

ささぽん「いたおちゃん、お疲れ様~。待った?」

いたお、「お疲れ様~~。ちょい前に着いたくらいだよー。」

そう言って、歩き始める。
今日はささぽんのフィールドだったからささぽんがお店を予約してくれた。

珍しく個室の居酒屋さん。

込み入った話になることを予想してか、

こういうとこ、個室を選ぶ当たり抜かりないというか、素晴らしいというか。

けど、逆にこういう気遣いができるのに

何故

お昼ご飯事件(参照:あねさん!お昼ご飯別行動事件です!)が起きるのかがいたおは謎です…。

そんなわけで居酒屋さんでお互いビールを頼み。

いつものように飲み始める。

ささぽん・いたお「お疲れ様~~。かんぱーい」

さて、この場合、乾杯で良いのか?

謎。

常に自分ツッコミを入れながら

この日もたわいもない会話を繰り広げる。

多分、お互い話さなきゃいけないことはわかってる。

けど、どのタイミングで話し始めればよいのかわかんない…。

時計を見るといつの間にかもう九時近い。

嗚呼。

そろそろ核心に切り込まねば。

そう、いたおが焦っていたら

ささぽんが切り込んできた。

ささぽん「そろそろ遅くなってきたし、
     今日は、この間の話を聞こうと思ったんだけど。
     急にLINEきてびっくりしたよー。今日はちゃんと話しよ?」


そう言っていたおのことを見るささぽん。


いたお「えーっとね。」


ちゃんと話さねば。

「色々考えたんだけど。」

まとめたことを話さねば。

そう口を開けようとして、ささぽんの顔を見返すと

申し訳なさそうな複雑そうな顔で、何から喋っていいのかよくわからなくなった。



大事なことが言えないいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。


スポンサーサイト




佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?
| Main | All |