FC2ブログ
| Main | All |

思い込みと現実の違い。
「色々考えたんだけど。」

の次の言葉を言わなきゃ。

今、いたおはささぽんと別れて友達になると決めている。

ちゃんと伝わるように説明しなきゃ。

「私たちってお互い、好きなことしてる時間が多くてあんまり予定合わせられないし、
 合わせようとしてないと思うんだよね。もちろん、私もよくないんだけどさ。
 けど、それでお互い一緒にいたい、とか会いたいとか思わないんなら「付き合う」って定義づけ
 しなくても良いんじゃないかな?と、思った次第です…。」

とりあえず思っていた第一段階を言えた。
ささぽんの顔を見ると、少し難しそうな顔をしている。

ささぽん「えっと、まずは、謝る。ごめんね。
    この間のLINEの後少し考えてさ。勝手に自分で予定入れたりして
    あんまり時間作ろうとしてなかったから、それは僕が悪かった。ごめんね。」

なんか、しおらしく謝られた。

いたお「いや、そこはお互い様だからさー。私もささぽんが予定入れてるから
   自分も予定入れちゃっていいやってなってたし…。それは私もごめんね。
   けど、本当に好きだったら、私とも遊ぼうよ、会いたいよって
   ちゃんと言うんじゃないかな?って考えちゃって。
   2人して、一緒にいる2人の時間より自分の時間を優先してる時点で、

   付き合うとか以前に、

   お互いに「好き」ではないと思ったんだよね。

   だから、普通にテニス仲間でいいんじゃないか?ってなって。」




あ。




いたお、今、結構攻めの発言してる。

自分の口から出てくる言葉を聞きながら、自分に驚いた。




ささぽん、どーするだろう。




気まずくはなりたくない、けど、もういたおの心は決めてるの。






そしたら。


ささぽんの口から




「そんなことはないよ。俺はいたおちゃんのこと好きだよ。
 付き合う前も仕事がすごい忙しいときにLINEで励ましてくれて
 嬉しかったし。結構支えられてました。だから、別れようと思わないよ。」




え。




なんという。





予想外の言葉。




というより。


ささぽん、今、なんて言った?



好きって言ったよね?



初めて。

ささぽんに。

サラリと「好き」って言われました。


そう、我々カップルは付き合うと定義してから約3ヶ月。

手もつながない。

好きとも言わない。

ただ一緒にご飯食べて、一緒にいるだけ。



この、別れ話という局面で初めてささぽんに好きと言われました。


いたお。
お昼ご飯別行動事件の後は、
付き合ってる感全くない二人の関係の結果、

「ささぽんも年齢的な焦りで引くに引けずにいたおと付き合うって言ったんだろ」

くらいにしか思ってなかったから。


・別れ話を拒否される
・好きと言われる


という、予想外の展開に脳内フル回転です。


プチパニックいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。


スポンサーサイト




佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?
| Main | All |