FC2ブログ
| Main | All |

なんだか急に。
もうなんていうか、地球崩壊でしょって思うほどの猛暑。
何これ、この猛暑。
汗出過ぎてびっくり。
そして、自分の汗臭さにびっくり。

街を歩いている女子たちはキラキラ~うふふ~って見えるけど、
どういう構造になっているの?いたおと彼女たちの違いは何…?

世の中の不思議。

汗したたりいたおです、こんばんは。
はぁー。クーラー神!!!

そんなわけで、ささぽん宅でダッカルビ。

YUKIを口ずさみながら、料理をしていると

ささぽん「いたおちゃん、洗濯物終わった~。何手伝う?お酒飲む?」

いたお「手伝うやつ…じゃぁ、お皿とかお箸はこんで~。
    お酒は…うーん。ささぽんは、料理しながら飲む人?」

ささぽん「そう。料理しながら飲む人w
     今日はチートデイって決めたし、お酒空けちゃおうかなー。」

そんな会話をしながら、お酒を開けて。


いたお・ささぽん「かんぱーい。」

いたお「なんか昼間からお酒飲んでほんとダメな大人みたいだよね~w」

ささぽん「いいのいいの。今日はダメな大人の日って決めたんだからw」


そんな会話をしながら、キッチンでお酒を呑む。


いたお「もうできるよー。あと、サラダも持って行って~。」

ささぽん「はーい。」



こんな風にささぽんと過ごす日が急に来るなんて。

正直。想像していなくて。

お皿を並べるささぽんの後ろ姿を見ながら

これって現実なんだよな…って、1人で笑った。


自宅だからか、ささぽんも今日はいつもより饒舌で。

この間まで、好きって言われたこともなかったし。

実際、今でも手をつないで歩いたりカップルっぽいことしたことないのに。


なんだか急に仲良くなった気分。




準備が終わり、席について。

いたお「よし。じゃー、食べよっか~。」

ささぽん「いただきまーす!」

さて、ここで第二ラウンドの結果発表。


「美味しそうだよね~。良いにおい~。でも、結構辛いの?これ。」
そう言って、一口ダッカルビを食べるささぽん。

いたお「ダッカルビは、辛い食べ物だよ~。でも、辛さちょっと抑え目にしてみた。」

ささぽん「(…もぐもぐ。)」

いたお「どう?」




ささぽん「うまーーー!
     いたおちゃん、料理上手なんだねー。





     正直、野菜切ってる時。

     大丈夫かな?

     って思いながら見てたんだけどw」



ちょwww


何、その最後の一言www

いたお「え?包丁の使い方危なそうに見えた?」


ささぽん「うん、危なそうに見えたw」


まじか。




全然自覚なかったけど。

そんな風に見られていたらしい。



うーーん。

そら、高速切りとかはできないけど!!

普通に切ってたつもりだったのに…何が悪かったんだろう。


でも、


まぁ、「うまい」の一言がもらえて一安心。

終わりよければすべてよし。


第二ラウンド。

ささぽんへの手料理。

こちらも無事にミッション完了です。








包丁さばき勉強したいいたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。


スポンサーサイト




佐々木さんとのお付き合い。 | comment 2 | Top ↑

Comment

相手の胃袋を掴んだダッカルビのレシピ教えてください!
>いつも楽しみにしてますさん
コメントありがとうございます!
ダッカルビは、クックパッドの人気のレシピを拝借してます~。
https://cookpad.com/recipe/4380250
ただ、かなり味付けが濃いので、調味料を半分くらいにするか野菜多めにした方がよいです。
薄い分にはあとから、いくらでも味を調えられるので!

Write Comment







  Only to a master?
| Main | All |