FC2ブログ
| Main | All |

初めてのお泊り。就寝。
カレンダーを見て12月に入っていることに気づいた。
この衝撃を誰に伝えればいいのかわからず、
とりあえず、ブログに書いてみました。

やり残したことばかり。

ガクブルいたおです。


さて。ささぽん宅へのお泊りの続き。

お風呂を出て髪を乾かして、部屋に戻ったら
ささぽんがテレビを見ながらくつろいでた。

ささぽん「いたおちゃん、すっきりした?
     今コーヒー淹れたんだけど、飲む?」

おぉう。夜でもコーヒー派か。ささぽん。

いたお「ありがとー。シャワーすっきりしたー。
    そしたら、コーヒー頂こうかなぁ。」

ささぽんは、コーヒーは好きらしい。
そして、いたおもコーヒー党。
夜のコーヒーは少し悩むけど、せっかくのお誘い。
コーヒーをもらうことにした。

ささぽん「はい、いたおちゃん。」

手渡されるコーヒー。

2人でくだらない話をしながらコーヒーをすすって。
だらだらしてたら、23時半過ぎ。

無意識に出るあくび。

ささぽん「今週も一週間お疲れ様。そろそろ歯磨きして寝る?」

いたお「あー、そうだね~。歯磨きしようかー。」

そう言って2人で歯を磨く。
洗面所で並んで歯を磨く。

ささぽんと並んで歯を磨く日が急に来るなんて、思ってなかったなー。
そんなことを思いながら、歯を磨く。

でも、いたおには1つ不安なこともあって。

「寝る?」って言われても。

ベッドは1つ。ソファはなし。

シングルベッドが1つ。

どうやって寝るんだ?

そう思いつつ、とりあえず、ささぽんの出方を伺おう。

心に決めて平静を装いつつ部屋に戻る。


ささぽん「あ。いたおちゃん、ちょっと待って。」


そう言って、クローゼットをごそごそと漁って何か大きいものを持ち出してきた。

うん?その手に持っているのは。

布団?


「はい!いたおちゃん用に昨日布団買ってきたの!!!

今敷くからちょっと待って!!」




え。


昨日…


買ってきた、だと?w



いたお「え?昨日?布団買ってきてくれたの…?わざわざ?私が泊まるから?」

ささぽん「そうだよー。うちベッド1つしかないし、いたおちゃん寒がりだから
     ちゃんと布団セットあった方が良いと思って~。
     昨日会社帰りに行ったら、閉店時間ギリギリでさー。
     慌てて買ったから、ちゃんと選べなかったけど暖かそうなのにしたから!」


そう言いながら、布団を敷いてくれるささぽん。

正直、お互い良い年齢だし。

一緒に寝るのかな?何かあったりするのかな?

そんな風に不安?期待?的な心配をしていたいたおに反して

いたおの予想の斜め上をいくささぽん。

相変わらず、得体が知れないささぽん。

昨日も仕事遅かっただろうに、
布団を買って抱えて帰ってきてくれたであろうささぽんを想像した。


相変わらず、かわいいな。


そして、色々考えてた自分があほらしいな。



つい、笑っちゃいそうになるのをばれないように

「ささぽん、わざわざありがとう。」

感謝の気持ちを伝えた。

「うん、大丈夫だよー。お疲れ様~。じゃぁ、寝ようか~。」

そう言って、仲良く寝た。


純粋ですが、アラサーカップルないたおに愛の応援を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



いたお参加テニス婚活はゼクシィ縁結びパーティーだよ。
 

ブライダルネットさん。


スポンサーサイト




佐々木さんとのお付き合い。 | comment 0 | Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?
| Main | All |